e-sports

雑記始めました。IGNITEとゲーマー家族。

IGNITE(Fortniteクラン)に所属して、早8か月が過ぎようとしている。

このクランの特徴は親子でクラン活動に参加することだ。

子どもはプレイヤーで親は監督役として見守りを行う。

子どもたちにアドバイスをするために必死で戦略を学ばなければならないのである。

そのレベルの高さに正直最初は面食らったが、UMAをプロゲーマーにするため覚悟を決めて現在に至るような状況だ。

今年の初めに行われた「フォートナイト下手くそおじさんこと小藪さん主催の親子大会」でIGNITEクランは大きな功績を残した。ランキング上位のほとんどがIGNITE関係者で埋め尽くされたのだ。

残念ながら我々親子はせっかく抽選で予選の参加権を当てたものの、ズタボロに敗退した。

UMAからはボロカス言われ(言われても仕方ない戦犯ぶりを発揮)自分自身の不甲斐なさに涙した。

その時の悔しさから、自分自身もフォートナイトプレイヤーとして競技に参加していく決意を固めた。

フォートナイト以外のゲームを封印し、毎日クリエに籠り、ひたすら基礎練習を繰り返した。

その甲斐もあってか、シーズン6では初めてチャンピオンリーグに到達。

公式大会(ソロキャッシュカップ)で81ポイントを獲得し1,399位(上位7%)という結果を残すことができた。

しかしながら未だにカスタムマッチでのビクロイは無く、上手いというにはほど遠い。

今後もルーティンの練習を毎日欠かさず続けながら、Youtubeで動画をチェックし、戦略、戦術の勉強を続けていくつもりだ。

目標は次回の親子大会での決勝進出!!

でもあまり根詰め過ぎずやりたいので、別ゲーも気分転換程度にはやっていこうと思いますw

2回目の公式大会にて。今思うと相当運が良かったかも…
がっつり芋って10マッチで1キルのみw